TOPページ  ガウラーCとは  ガウラーCずかん  ガウラーCのれきし  ガウラーCのよてい  ゴジャッペ団ずかん  メンバー募集

ゴジャッペ団とは
かすみがうら市在住の五次屋博士が、総統デレスケンが封印された『かすみがうらの宝』の異次元パワーを利用し世界征服をたくらむ悪の秘密結社である。

 ゴジャッペ団紋章
魔人ゴジャーひきいるゴジャッペ団の紋章である。
 ゴジャッペ団の『ゴ』がデザインされている。

※「ごじゃっぺ」とは、茨城弁で、いい加減。でたらめ。ドジ。と言う意味である。
   魔人ゴジャー

異次元世界からやってきた総統デレスケンを復活させ、その力を利用し世界征服をしようとたくらむマッドサイエンティスト。
ゴジャッペ団をひきいてガウラーCを苦しめる。
その正体は、かすみがうら市在住の自称天才科学者、五次屋博士だ!

かつては、鉄仮面で顔を隠していたが、最近は耳のついたマスクを多用している。


【特技】魔の科学力(摩訶学)を使って怪人、ナマリ獣を作り出す。
【武器】斧の「オノダさん」
【語源】ごじゃ。ごじゃっぺ(茨城弁で ドジ、マヌケ、いいかげん等という意味)
   総統デレスケン

異次元世界『ウラガスミカ』から やって来た悪の異次元人。

かつて、かすみがうら市を侵略しようとしたところ、ガウラーレッドにより『かすみがうらの宝』に封印されたが、魔人ゴジャーの活躍により蘇ることができた。

現在は、蘇ったもののパワーが不十分なために その本来の力が発揮できないでいる。パワーを回復するためには「かすみがうらの宝」の神秘のパワーを集めなければならないらしいが・・・


【特技】悪だくみ、MC
【武器】槍の「おもいやり」
【語源】でれすけ(茨城弁で だらしない、まぬけな 等と言う意味)
   魔女のマジョーナ

ゴジャッペ団の女幹部。実は魔人ゴジャーの鬼嫁・・・じゃなかった愛妻である。
(魔人ゴジャーはマジョーナには、なぜか頭が上がらないようである。)
戦闘力は低いが魅惑の妖術をつかい人を幻惑させる力を持つ。
家事全般は、どちらかというと苦手。
最近はテレビショッピングと海外ドラマがマイブーム。


【特技】幻惑系の魔法、芸能界の噂話
【武器】素敵なステッキ。ムチムチの鞭
【語源】真正(まじょう)正しい、まともな。茨城弁ではないかもしれないけど、お年寄りの茨城人が よく口にする言葉
「おめーが、まじょうなこと言ってんの初めて聞いたなー」
  作戦参謀  カシケード

ゴジャッペ団の幹部。どこからともなく魔人ゴジャーの配下になるため志願してきた美青年。
高度な格闘能力(中国拳法)と、古代文明の秘術や秘法などの幅広い知識をもつ。

一見、言葉や態度は優雅で気品があるが、性格は非常に冷酷で残虐。

そして、どこか魔人ゴジャーを見下しているところがあり、自分の欲望の為には魔人ゴジャーをも利用しようとするところがある。
一説には、先祖は かすみがうら市出身の新撰組隊士 伊東甲子太郎と言われている。!?


【特技】格闘術全般。世界の古代文明の知識
【武器】強ぇー杖(つぇーつえ)
【語源】賢い(茨城弁では「かしけぇ」
  戦闘員 ゴジャッ兵
 
魔人ゴジャーが使役する兵士。
複数人いることはわかっているが、じっさい何人いるかは不明。
また、言葉は「ゴジャー」としか発声する事が許されず、魔人ゴジャーによると、
自分に敬意を表すると共に『了解(ラジャー)」の意味もこめられているらしい。

マスクは、かつての魔人ゴジャーの鉄仮面がモチーフである。


【特技】集団戦法
【武器】普通の剣
【語源】ごじゃ、ごじゃっぺ(茨城弁で ドジ、マヌケ、いいかげん 等という意味)

ナマリ獣人とは
魔人ゴジャーが、悪の科学力で かすみがうら市内に生息する生物から造りだす戦闘用怪人である。

   ハエ型怪人 ヘーメ
 

 魔人ゴジャーが開発した怪人第1号。
銀バエをもとに作られた。
すばしっこい動きで、空飛ぶスピードは意外と「はぇー」
一時期、SNSにはまり「インスタバエ」を名乗るが、すぐに飽きたようだ。


【特技】手擦り足擦りゴマ擦り
【苦手なもの】はえたたき
【語源】ハエ(茨城弁で「へーめ」)
   公害型怪人 アオミドロン
 
 ゴジャッペ団怪人 第2号

かつて、霞ヶ浦一面にその勢力を拡大していたアオミドロ。

その生き残りの細胞から培養され生まれた怪人。

霞ヶ浦一面を汚染させようとたくらんでいる。


【特技】悪臭
【苦手なもの】環境美化
【語源】アオミドロ
   鳥型怪人 トリカブト
かつては鶏型怪人トットメと名乗っていたが、ガウラーレッドに常磐高速剣「千代田石岡インター斬り」で倒された。
再改造により、鎧、兜をまとい、防御力が強化されトリカブトとして生まれ変わった。
鶏から、かすみがうら市内に生息する鳥全般の怪人となったのだが、本人はワシやタカなどの猛禽類の怪人だと思い込んでいる
なお、トットメだったころののクセか、「コケーッ!」とニワトリのような奇声を発してしまう。

トットメ時代ガウラーレッドとの戦いで愛剣「フライド血剣」を折られてしまった。剣士としてのプライドからガウラーレッドには並々ならぬ恨みを持っており、作戦を無視して暴走してガウラーレッドに挑もうとする。


【武器】妖刀 地鶏丸
【特技】剣技
【語源】とっとめ(茨城弁で鳥、特にニワトリの事)
鳥と兜でトリカブト
   スズメバチ型怪人 バヂメ

 ゴジャッペ団には珍しく戦闘メカタイプの怪人。スズメバチを元に作られた。
コンピュータ頭脳で計算された正確な攻撃はガウラーCを何度も苦しめた・


【特技】蜂のように舞い 蜂のように刺す。蜂の一刺し。バチ当たり。
【武器】ビーム針剣
【苦手なもの】殺虫剤
【ラッキーナンバー】8
【語源】ばちめ(茨城弁で蜂のこと)
   猿型怪人 モンチー

 雪入山で人知れず生息していた猿を偶然発見した魔人ゴジャーが怪人に改造した。
動きがすばしっこく ズル賢い。


【得意技】猿まね、猿知恵、猿芝居
【必殺技】必殺拳モンキーパンチ
【武器】モンキーレンチ
【好きなダンス】モンキーダンス
【語源】もんち(茨城弁で、もんちを起こす などと使われ、いじける、ふてくされる 等の意味)
   馬型怪人 ンマメ
 馬を改造して作られた怪人。
どんなに徳の高い お坊さんが耳のそばで ありがたい念仏を唱えても何もリアクションしなかったと言われている。


【パワー】1馬力
【好物】人参
【武器】ウマい棒
【語源】ウマメ(茨城弁で馬のこと)
   犬型怪人 イヌメ
野良犬を元に改造した怪人。
実は色違いで同型の怪人が、三体 存在する。

一号が黒、二号が茶、三号が白。

3匹のイヌメには実は秘密が・・・

【得意技】雪の日に歓び庭を駆け回ること。歩くと棒にあたること。
【ラッキーナンバー】 1(ワン)
【語源】いぬめ(茨城弁で犬のこと)
   犬型合体怪人 イヌメラ
 怪人イヌメが三体合体した怪人。
そのパワーは怪人イヌメの3倍である。

三つの顔で 全方向が見えるため、死角がない。
嗅覚にも優れており、相手のニオイを嗅ぎ取ることで その技をコピーすることができる。

元になった野良犬のうち一匹は飼い犬だったことがあるのか、ときどき人懐っこい時がある。



【必殺技】「三匹が斬る」
【最終学歴】犬ブリッジ大学
【コードネーム】「組織の犬」
【語源】いぬめ(茨城弁で犬のこと)+複数形の「ら」