ガウラーCとは





時は、2005年3月28日
茨城県の千代田町と霞ヶ浦町が合併し、
『かすみがうら市』が誕生した。

だが・・・その時の合併の衝撃により、
異次元世界「ウラガスミカ(裏が棲み家)」と、繋がる抜け穴が、
かすみがうら市上空に一時的に出現した。

そしてその瞬間、抜け穴を通って
つながった先の異次元ウラガスミカから、
悪の総統デレスケンが、
かすみがうら市へ進攻を開始した。

かすみがうら市のピンチだ!

しかし、
総統デレスケンを阻止すべく追う者がいた。
正義の「ガウラーレッド」だ。

ガウラーレッドは激戦の末、
総統デレスケンを
数ある「かすみがうらの宝」の一つに、
からくも封印することに成功した。

しかし、かすみがうら市への脅威は
未然に阻止されたものの、
激しい戦いによりガウラーレッドも、
かなりの体力を消耗し、
姿を消してしまったのであった・・・。




ガウラーレッドと総統デレスケンの戦いは、人々に知られることもなく 
終わったかに見えた。

しかし、その戦いを偶然知り得た者がいた。

市内在住の
マッドサイエンティスト『五次屋博士』だ。

「総統デレスケン」の存在を知った
五次屋博士は、その力を手にし自分の
野望をかなえるため、世界制服を企てた。

博士は自らを『魔人ゴジャー』と名乗り、
悪の組織「ゴジャッペ団」を結成。
戦闘員ゴジャッ兵や
彼がつくったナマリ獣を使い、
総統デレスケンが封印された
『かすみがうらの宝』を強引に探し始めた。

やがて、横暴で勝手な行動は、
かすみがうら市民にも
危害を加え始めたのだ。
ふたたび、かすみがうら市のピンチだ!


だが、そんな悪の存在を許さない者がいた!

総統デレスケンを追ってやって来た、
異次元の使者ガウラーレッド
彼から水のパワーを授かった
漁師の青年ガウラーブルー
同じく、山のパワーを授かった
農業青年 ガウラーグリーン

彼ら三人は、どこからか颯爽と現れこう叫ぶ!
『ふるさと応援隊 ガウラーC』

ガウラーCと、魔人ゴジャー率いる
『ゴジャッペ団』との
『かすみがうらの宝』をめぐる
熾烈な戦いが始まった!!





繰り広げられるガウラーCとゴジャッペ団との
熾烈な戦い。
そんな折、偶然にも魔人ゴジャーは
封印された総統デレスケンを
霞ヶ浦の湖底から発見し
なおかつ驚いた事に復活させてしまった。
デレスケンが封じ込められていたのは、
数ある「かすみがうらの宝」の一つ、
太古の昔よりこの地域をはぐくむ湖
「霞ヶ浦」そのものの事だった。


目覚めた総統デレスケンの力は、
強力絶大!
ガウラーC最大のピンチが訪れた!
しかし、ガウラーCを、
かすみがうら市を愛する市民の
熱い思いとガウラーCの3人の
お互いを信じあう
固い絆が、
ガウラーCに奇跡の勝利をもたらし、
ついに総統デレスケンの力を
再び封じ込めることが出来たかのように
思えた。

だが、総統デレスケンはパワーが
弱体化したのみで、
完全に封じ込められてはいなかった。
そして、総統デレスケンの失われたパワーを
もう一度 取り戻す為には、
さまざまな「かすみがうらの宝」がもつ
神秘の力
「Cエナジー」が 大量に必要らしい。

再び、魔人ゴジャーは、配下の怪人や
ゴジャッ兵に命じた!
「『かすみがうらの宝』を強引に集めよ!」と。

かすみがうら市とその周辺地域が危ない!
負けるな!ガウラーC!

「かすみがうらの宝」をめぐって
ガウラーCとゴジャッペ団の戦いは続く!

 かすみがうらの宝とは・・・
ゴジャッペ団が集めている
かすみがうら市や、その周辺地域の お宝と言えるもの。
広く地域の名産品や特産品、史跡、
名所など全般がその対象のようだ。

『Cエナジー』とは・・・
かすみがうらの宝には、
「Cエナジー」という神秘のパワーが
宿っているらしい。
「Cエナジー」は、
無限のエネルギーとも言われていて、ガウラーCとも関係が深いらしい。
まだ、多くの謎に包まれている。